なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか ~すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる

なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか ~すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる

ロバート キーガン (著), リサ ラスコウ レイヒー (著)

プロセスワークで言うエッジをキーガン氏は「免疫構造」と呼ぶ。この免疫構造=エッジを組織で共有すると集団の変革が容易になると説く。前著「なぜ人と組織は変われないのか―ハーバード流 自己変革の理論と実践」の続編であり、より組織開発要素が増えている。