巨象も踊る

巨象も踊る

ルイス・V・ガースナー (著)

90年代に瀕死のIBMを再生させたガースナー氏の本。CEOとして組織開発・変革をどう進めたのの事例本。組織をどのように診断し、どこからどう手をつけていったのか。GEを変革したジャックウェルチに通ずる90年代らしいトップダウンの組織変革の匂いもするが、普遍的要素も多分にあり、今読んでもその価値は色褪せていない。