プロセスワークを活用した組織開発とコーチング ~バランスト・グロース・コンサルティング

【終了】1月22日。出版記念対談 第2弾 西田徹 vs. しーさんこと竹林一氏(京都大学経営管理大学院 客員教授 前オムロン株式会社  イノベーション推進本部 シニアアドバイザー)2023年7月20日

1月22日。出版記念対談 第2弾 西田徹 vs. しーさんこと竹林一氏(京都大学経営管理大学院 客員教授 前オムロン株式会社  イノベーション推進本部 シニアアドバイザー)

バランスト・グロースの主要メンバーが執筆/監修した書籍「組織が変われない3つの理由」が、12月27日に日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)から発売されます。これを記念して、弊社西田徹と日本を代表するオピニオンリーダーの皆様との対談を全10回(予定)実施します。

第2弾では、ユーモアあふれる語り口で誰もが引き込まれてしまう「しーさん」こと、竹林一氏をお招きし、ベストセラー「たった一人からはじめるイノベーション入門」の主要コンセプトである、「起承転結人材」、「忍者と武士」などについてお話を賜ります。

【日時】2024年1月22日(月)16:00-17:30

 

【形式】ZOOM オンラインセミナー

 

【参加費】無料(要申込)

 

【お申込み】
「組織が変われない3つの理由」出版記念対談 第2弾 西田徹 vs. しーさんこと竹林一氏
上記セミナータイトルをクリックすると申し込みサイト(Peatix)に遷移します。

 

【イントロダクション】(約10分)

【西田パートの講演アジェンダ】(約20分)
・はじめに:「組織が変われない」の、あるある
・2種類の変革アプローチの機能不全
・戦略的組織開発アプローチ
・組織論のコペルニクス的転回=「組織が変われない3つの理由」
1)人や組織が変わるためには、対立が欠かせない。避けてはいけない
2)人の認知能力には限界があり、過去と未来、空間的な広がりを認識できない
3)人は本質的には、内発的にしか動機づけができない

 

【竹林一氏パートの講演アジェンダ】(約20分)


「忍者と武士とイノベーション」
・新しい価値を生み出す「起承転結」人財
・「起承転結」人財の特徴
・日本企業をけん引してきた「起承転結」人財の役割
・「起承転結」人財とマネージメント
・各企業の「起承転結」論
・忍者「起承」と武士「転結」から見た組織への考察

【対談:西田×竹林一氏】(約20分)

【質疑応答】(約20分)

【講師プロフィール】

●竹林一氏

京都大学経営管理大学院 客員教授
前オムロン株式会社  イノベーション推進本部 シニアアドバイザー

オムロン㈱にて大型プロジェクトのプロジェクトマネージャ、新規事業の開発、オムロンソフトウェア代表取締役社長、オムロン直方代表取締役社長、ドコモ・ヘルスケア代表取締役社長、オムロン株式会社イノベーション推進本部インキュベーションセンタ長、同シニアアドバイザーを歴任。現在京都大学経営管理大学院客員教授、麗澤大学客員教授、大阪大学フォーサイト株式会社エバンジェリストおよび上場企業の社外取締役等を務める。特定非営利活動法人日本プロジェクトマネージメント協会PMマイスター。一般社団法人2030質価値創造研究会顧問。著書に「たった一人からはじめるイノベーション入門」「モバイルマーケティング進化論」「PMO構築事例・実践法、利益創造型プロジェクトへの三段階進化論」等がある。

●西田 徹
バランスト・グロース・コンサルティング株式会社 取締役。一般社団法人 組織開発コーチ協会 理事。
リクルートにて、360度評価、感受性訓練、MBTIなどを組み合わせた組織開発手法RecruitOD(ROD)のセールスと商品開発を担当後、ニューヨーク大学(NYU)にて経営学修士MBAを取得。ボストンコンサルティングにて経営戦略、組織戦略、人事制度などのコンサルティングを担当。グロービス講師などを経て現職。プロセスワークコーチングGCIファカルティ。著書に「組織が変われない3つの理由」(2023年JMAM)、共訳書に、「対立を歓迎するリーダーシップ」(A.ミンデル著2021年JMAM)、「対立の炎にとどまる」(A.ミンデル著2022年英治出版)がある。