プロセスワークを活用した組織開発とコーチング ~バランスト・グロース・コンサルティング

1on1コーチ養成講座~組織と上司と部下という生態系で1on1を最大化するコーチング講座~(2023年5月27日スタート)2023年3月6日

【プログラム概要】

多くの企業・組織で1on1の導入が進み、多くのトライ&エラーが見えてきました。
なぜエラーが起きるのか? そこには様々な『不一致』が見られます。

本講座は、企業・組織内で起こる1on1の『不一致』を是正するために、1on1に対する理解・目的・捉え方を見直し、組織をアップデートさせる1on1コミュニケーションを磨く講座です。

 

【開催日程】

◆基礎編: 2023年 5/27(土)、6/10(土)、6/24(土)、7/8(土)
◆実践編: 2023年 7/29(土)、8/19(土)、9/2(土)、9/9(土)
※全日程:9:00-12:00(オンライン開催)
※ただし、9/9(土) のみ9:00-10:30
※オンライン(ZOOM) 詳細はお申し込みいただいた方にご案内します。

 

【料金】

◆基礎編:全4回 80,000円(消費税込み:88,000円)
◆実践編:全4回 60,000円(消費税込み:66,000円)
◆『基礎編』『実践編』一括申込:120,000円(消費税込み:132,000円)

 

【お申込み】

『基礎編』はこちら / 『基礎編』+『実践編』一括申込はこちら【満員御礼】
※ご請求書払いも可能です。ご希望の方は本サイト「お問い合わせ」よりご連絡下さい。
(費用を企業様がご負担される場合、付記ください)

 

【本講座の対象者】

企業・組織のマネージャ(係長・課長・部長など)
◆1on1を実践しているマネージャ
・研修を受けたが出来ない ⇒「分かる」と「出来る」の不一致
・部下のパフォーマンス向上と部下育成(コーチ役割)の両立ができない :
 ⇒上司とコーチの不一致
 ⇒ ティーチング(教える)とコーチング(引き出す)の不一致
・チームミッションとチーム育成の両立ができない
 ⇒ 組織と個人の不一致
・1on1実践の逆効果(チーム疲弊・部下疲弊・自分疲弊)を起こしているマネージャ:
 ⇒ あり方とやり方の不一致
◆1on1をこれから実践していくマネージャ
・上記のような不一致の問題が起こさずに1on1を実践できるマネージャになる。

 

【講座の内容と特徴】

「企業・組織の1on1を最大化するコーチング講座」
本講座は、企業・組織内に活きる1on1コミュニケーションの”コアスキル”を学ぶ、実践型プログラムです。
・理論の理解と実践力の獲得
・1on1実践で逆効果(チーム疲弊・部下疲弊・自分疲弊)を起こさない効果的なコーチング力の獲得
・上司とコーチの両立/ティーチングとコーチングを使い分ける考え方とスキルの獲得
・組織の個人への影響/個人の組織への影響を見立てながらの1on1実践力の獲得

 

<講座の特徴>
1.1on1やコーチングが求められる背景(ビジネス環境の今・世代間ギャップ、心理学)とコーチング・スキルをビジネスパーソンが理解できるロジックとしてインプットする
2.コーチングを技術とだけ捉えるのではなく、組織や部下との関係性「あり方」軸で捉える。
3.学習サイクルを回すリフレクション&フィードバック
・1on1を実践するマネージャーの共通の悩みに、講師・受講生で応える
・講座期間中は、1回1回の実践とリフレクション(言語化)を大切にし、自身の体験や現場のケースを変化・成長の機会にする

 

【 プロセス(進め方)】

本講座は、『基礎編』『実践編』の2つのプログラムで構成されています。

 

◆基礎編:全4回(各回3時間)
マネージャが、1on1でコーチングの効果を発揮するための、マインドセットと主要スキル習得の基盤固め。
・コーチングの原則を理解し、1on1コーチの心構えをつくる (あり方をつくる)
・1on1の会話を支える主要スキル「傾聴、信頼関係の構築、観察」の3つを身につける
・1on1の作法と多様な活用方法を知り、マネージャとしての1on1戦略を持つ
→全4回の講座を通して、 1on1を最大限に活かすコーチングの核を習得し、マネージャの知恵と自信を持った状態で1on1に挑めるようになる

 

◆実践編:全4回(各回3時間、最終回のみ1.5時間)
相手の内側にあるものを引き出し、発揮するためのマネージャの働きかけとコーチングスキルへの挑戦と獲得。
・質問・フィードバックを用いた、相手をパワフルな思考者・学習者へ促進させる(主体性の発揮、引き出すコーチングの実践
・「組織の見立て」を活用した1on1を知り、リーダーの視野を広げる
・対人支援の会話のナビゲーションを活用する
→ 全4回のスキル・知識インプットと実践を通して、講師陣からのフィードバックや受講生同士のピアサポートを得ながら、自身の1on1スキルとスタイルを磨き上げる

 

定員】
15名

 

講師

●小畑怜美
一般社団法人 組織開発コーチ協会 契約講師。国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ(PCC)、(一財)認定マスターコーチ。
大手企業、教育NPO、ベンチャー企業役員などを経て2017年よりコーチとして独立。今日まで成人発達科学、プロセスワークと組織開発学、ソリューションフォーカス(解決志向アプローチ)、メンタリングの対人支援を研究し、企業から学校教育、NPOセクターといった幅広いクライアントに対して個人や組織の成⻑支援・変革に取り組む。近年は、国際コーチング連盟の倫理規定と技術を継続学習し対話に活かすことに取り組んでいる。

●岡田美紀子
一般社団法人 組織開発コーチ協会 契約講師。国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ(ACC)、GCI(ACTP)認定コーチ。
リクルートエージェント(現リクルートキャリア)や、外資系企業(GE、ユニリーバ)日本法人にて、通算20年以上に渡り、戦略人事、採用、組織・人材開発、キャリア開発、リーダーシップ開発、などに取り組む。近年は、ポジティブ心理学とプロセス指向心理学を基盤として、個人と組織の強みを引き出し、能力開発・成長支援・変革を実現できるようにコーチングや組織開発を行っている。

 

卒業生の声

●龍 清訓 さん
(講義と講義のインターバル課題で)クライアント*2名(部下や他部門メンバー)と面談して、相手のことについて理解を深めた機会となり、有意義でした。
常に自分の価値観で人の話を聞く習慣があったが、意識を変える必要があると気づきました。価値観が異なる人の話でも受け入れやすくなったかもしれません。
(同じ会社の)グループで参加させていただき、それぞれの意思疎通が図られたことも良かったです。今後の1on1導入において、活動しやすくなりました。
1on1スキルを教えていただき、実践で受講生同士のオンライン会議(相互コーチング)は自分なりに気づくことがありました。
講座で最も印象深かったことは、氷山モデルの下部分についての傾聴です。今までは事実関係の質問がメインとなっていたことに気づきました。
また、コーチングの実践では、コーチの難しさを実感することができました。相手によっては時間をかけてする必要性に気づきました。
(この講座は)1on1コーチに興味を持っている、もしくは、部下育成に悩んでいる幹部クラスにおススメです。

*クライアント:コーチングや1on1を受ける人。コーチィと同義。

●弓戸 裕樹さん
コーチングは誘導して指導するのではなく、相手を伸ばす・うまくいくために傾聴やパワフルな問いかけを実施していくことを学べたのが特に気づきとして嬉しかったです。
今までより相手(部下)を知ることで関係性が向上して、仕事上やる気を出してもらえる。プライベートでの相談事項も自ずと来るようになりました。
もともと人とコミュニケーションをとるのが好きでしたが、コーチングスキルにより、今までより論理的に質問内容や意識を向上してもらうように話すことが出来る。
とても充実した内容で面白く、今まで受けた講義の中でも一番興味深く毎回参加させていただきました。
1on1の実践練習でも、講義内容に沿った実践形式を試すことが出来て、早期に感度を合わせることが良かったと思います。参加して大変良かったです。有難うございました。
講座で役立ったことは、下記3点でした。
・パワフルな問いかけ。事柄のみに終始する質問から、その人自身についての質問をする
・関係性をつくるために安心感をつくる
・コーチングはティーチングとは違う
弊社の人事部にも是非お勧めしたいです。コーチングのスキルを知っていると活用できると思ったからです。

●松田 芙実 さん
この講座に参加して5回目くらいまでは全く上手くできず、落ち込んだりもしていましたが、6回目くらいから徐々に1on1のやり方が分かってきました。その辺りから、クライアント役の方からもポジティブなフィードバックをもらえることが増え、成長を実感できたことが嬉しかったです。
自分の変化としては、意見を述べるときに焦ることが減ったと思います。これまでは、主に聞き役だったので自分の意見を言うことは少なかったのですが、この講座を通して自分が話す練習にもなり、意見を言うことに抵抗が減りました。
より発揮しやすくなった強みは傾聴力です。元々人の話を聞くことは得意でしたが、相手に寄り添って話を聞くことができるようになったと思います。
毎回のスライドは、分かりやすくまとまっているので、後で見直すことで忘れてしまっていたり抜けていた部分を補えました。
また、講座間に実践や受講生同士での1on1を実践したことで、技術が向上したと思います。
最後の講義で講師にコーチングをしてもらったことが印象に残っています。プロのコーチってやはりすごいなと実感しました。
実際に1on1のコーチをやる立場の人はもちろんですが、クライアントの立場の人(1on1を受ける立場の人)にもお勧めだと思います。自分の意見の伝え方も学べると思います。

 

【共催】

バランスト・グロース・コンサルティング株式会社 / 一般社団法人 組織開発コーチ協会