組織が健全な成果を上げ、メンバーが仕事を通じて大きな喜びを得られる。バランスト・グロースは、そのような組織づくりのお手伝いをします。

Seminar

セミナー ↑一覧ページへ

組織変革デザイン講座(3)〜変革プロセスの基本設計の考え方

2016年11月24日(木) 13:30 〜17:00


※外部イベント申込サイト「Peatix」に遷移します

概要

「組織開発リーダー養成講座」では組織開発リーダーに求められるスキルを2つのコースでご提供していますが、6月にスタートしたこちらのコースでは「長期的な組織変革/開発を設計する」力を身につけることを目的としています。

組織開発と組織変革の違いは、識者の間でも一致していませんが、米国の組織開発コンサルタントのロバート マーシャク博士の「組織開発」と「チェンジマネジメント」の分類を基に次の図のように整理することもできるでしょう。

OD:OC.pngのサムネール画像

この整理で言えば、本講座で扱うのは右上の「組織変革(広義の組織開発)」です。望ましい変革を成功するために、既存の組織文化や人々心理状態という抵抗要因をどのように見立て、そこに介入していくことで変革が起き始め、定着するところまで行くのかについてプロセスワーク理論や変革理論などを用いながら考察していきます。

第3回目の今回は「組織変革デザインのためのパターン言語活用」をテーマに実施します。
パターン言語は都市計画・建築家のアレクサンダー氏が生み出した、複雑な建築物を効率的に設計するための基本パターン(モジュール)です。最近はこの領域の発展の中で、組織変革デザインに有効なパターンランゲージが生み出されました。本セミナーでは、プロジェクトマネジメントの基本にパターン言語を絡めながら、組織変革プロジェクトの設計体験をしていきます。
セミナーは3回シリーズとなっておりますが、1回単位でのご参加が可能ですので、初めての方でもお気軽にご参加ください。

スケジュール.pngのサムネール画像

第3回アジェンダ

  • ○プロセスワークと組織変革
  • ○変革推進プロジェクト設計の考え方
  • ○ステークホルダーの特定と管理
  • ○プロジェクト計画立案の考え方〜変革パターン言語の体験
  • ○予期せぬ出来事(リスク)の考え方と対応

※アジェンダの内容は目的に応じ、適宜変更になる場合もあります。

講師:

松田 栄一

バランストグロース、代表パートナー。
システムコーチング、AI(Appreciative Inquiry)、ワールドカフェ、アクションラーニング(質問会議)を始めとする様々な対話手法とMBAに代表される左脳的アプローチを統合して様々な企業に対して組織開発コンサルティングやリーダーシップ開発を実施している。米プロセスワーク研究所の元CEOスティーブン博士の10年前の来日以来、親交を深めるとともに、プロセスワークの企業組織への応用に関して多くの経験を持つ

佐野 浩子

バランストグロース、フェロー。日本プロセスワークセンター代表理事。
教育・医療等の分野で臨床心理士として20年のキャリアを持つ。2010年より総合病院において臨床心理士として勤務し、個人・家族へのカウンセリングの他、対応が難しい患者さまへの心理的ケアに関するスタッフからのコンサルティング、また患者と家族、家族と医師などに生じる対立のファシリテーション、スタッフのカウンセリングや看護師を対象としたメンタルヘルス研修を行っている

松村 憲

バランストグロース、フェロー。日本プロセスワークセンター理事。
個人と集団の様々な問題(葛藤)に対して、プロセスワーク理論の側面からコーチング、ファシリテーションを行なう。ヨガやマインドフルネス瞑想を実践し、クリパルヨガ公認教師でもある。バランスト・グロースでは組織開発コンサルティングをプロセスワーク理論の側面からサポートしている。共訳書に、「プロセスマインド〜プロセスワークのホリスティック&多次元的アプローチ」(A.ミンデル著2012年春秋社)がある。

開催日時

2016年9月9日(金)13:30-17:00(受付13:15~)

参加費10,000円(税抜)

ご注意事項

  • ※定員12名(先着順)
  • ※プログラム内容は予告なく一部変更になる場合ございます。


※外部イベント申込サイト「Peatix」に遷移します

お気軽にお問い合わせください。

event@balancedgrowth.co.jp

上へ戻る

バランスト・グロース | 東京都中央区銀座1-20-17 押谷ビル9F