組織が健全な成果を上げ、メンバーが仕事を通じて大きな喜びを得られる。バランスト・グロースは、そのような組織づくりのお手伝いをします。

Library

本棚 ↑一覧ページへ

イノベーション

発明家たちの思考回路

エヴァン・I・シュワルツ (著), 桃井緑美子 (翻訳)

発明家たちの思考回路

古今のすぐれた発明家たちを研究し、発明のプロセスを解明しようとした本

思考の整理学

外山 滋比古 (著)

思考の整理学

「創造的アイデアの整理」について書かれた本。東大生に広く読まれていると評判の本で、1986年に書かれたほんとは思えない普遍性を持っている

ハイ・コンセプト

ダニエル・ピンク (著), 大前 研一 (翻訳)

ハイ・コンセプト

時代がビジネスパーソンに求めるターニングポイントを分かりやすく俯瞰した良書。

イノベーションのジレンマ実践編

クレイトン・クリステンセン (著), 伊豆原 弓 (翻訳), 玉田 俊平太

イノベーションのジレンマ実践編

大ベストセラー「イノベーションのジレンマ」の増補改訂版。 ジレンマ解決の処方箋も盛り込まれている

イノベーションの本質

野中 郁次郎 (著), 勝見 明 (著)

イノベーションの本質

日本的なイノベーションとは。イノベーションが起きる組織行動にフォーカスを当てた本。

発想する会社

Tom Kelley (著), Jonathan Littman (著),
鈴木 主税 (翻訳), 秀岡 尚子 (翻訳)

発想する会社

いま注目のデザイン思考の本家。会社の創造力を高め、文化を育て、持続的にイノベーションを生み出しつづける方法が、さまざまな実例をもとに紹介されている

凡才の集団は孤高の天才に勝る

キース・ソーヤー (著), 金子 宣子 (翻訳)

凡才の集団は孤高の天才に勝る

集団のダイナミクス、創造的コラボレーションに関する本。 創造性を発揮するチーム7つの特徴は 1.時間をかけてイノベーションを生み出す 2.ディープリスニングを実践する 3.コラボから生まれるアイデアを積み上げる 4.個々のアイデアの重要性は閃いた時点では分からない 5.問題を発見する(最も創造性に富んだグループは既存の問題の単なる解決より新たな問題の発見に長じている) 6.効率を追わない 7.現場を重視する(細部から出発し、次第に全体的な絵柄となる)

お気軽にお問い合わせください。

info@balancedgrowth.co.jp

上へ戻る

バランスト・グロース | 東京都中央区銀座1-20-17 押谷ビル9F