組織が健全な成果を上げ、メンバーが仕事を通じて大きな喜びを得られる。バランスト・グロースは、そのような組織づくりのお手伝いをします。

Library

本棚 ↑一覧ページへ

戦略、マーケティング、プロジェクト・マネジメント

CSRマーケティング

東洋経済新報社(2007/08)
フィリップ・コトラー(著)

CSRマーケティング

企業が社会的責任を果たした成功事例をマーケティング視点で具体的に論じた本。マーケッターやCSR担当者、NPO経営者はもとより、企業経営者にお勧め。

エスキモーに氷を売る

きこ書房 (2000/06)
ジョン スポールストラ(著)、Jon Spoelstra(原著)、中道 暁子(翻訳)

エスキモーに氷を売る

氷には不自由していないエスキモーたちにいかに氷を売るか、つまり、魅力がないと思えるものでも売り方次第でベストセラーになるための「基本」の考え方をこの本は生々しく教えてくれます。最弱のプロバスケットボールチームを脅威的なチケット売り上げに導いた著者の実体験に基づいた主張はとても説得力があります。

ケースで学ぶマーケティングの教科書

秀和システム(2008/02)
岡本 泰治(著)、西田徹(著)

ケースで学ぶマーケティングの教科書

マーケティングのセオリー、"市場機会の発見、セグメンテーション/ターゲティング、ポジショニング、4P"を非常に分かりやすく、身近な事例を通して解説しています。初学者はもとより、コトラーで挫折した人、ある程度マーケティングは分かっているという人にも読んでもらいたい。マーケティングって面白いなぁ!と思える良書です。

経営戦略の基本(日本総研経営戦略研究会)

日本実業出版社(2008/11/13)
(株)日本総合研究所経営戦略研究会(著)、
手塚 貞治 (監修)

経営戦略の基本(日本総研経営戦略研究会)

1冊で経営戦略(全社戦略と事業戦略)がわかるので、まず経営戦略の全体像を掴みたい方に便利な本

戦略プロフェッショナル(他2冊もお勧め)

日本経済新聞社(2002/09)
三枝 匡 (著)

戦略プロフェッショナル(他2冊もお勧め)

経営戦略立案から実行までをストーリー仕立てで分かりやすく書いたベストセラー。戦略立案の個々の道具をどういう文脈で他者を巻き込みながら使うのか、活用イメージが刺激される本。

ゴールは偶然の産物ではない

アチーブメントシュッパン(2009/12/1)
フェラン・ソリアーノ(著)、グリーン裕美(翻訳)

ゴールは偶然の産物ではない

いかにビジネスとしてサッカーチームを運営していくかについて、実例も交えながらわかりやすく説明している。ビジネスの戦略の考え方を学ぶための入門書としてお奨め。

お気軽にお問い合わせください。

info@balancedgrowth.co.jp

上へ戻る

バランスト・グロース | 東京都中央区銀座1-20-17 押谷ビル9F