組織が健全な成果を上げ、メンバーが仕事を通じて大きな喜びを得られる。バランスト・グロースは、そのような組織づくりのお手伝いをします。

Library

本棚 ↑一覧ページへ

社会

自己組織化と進化の論理―宇宙を貫く複雑系の法則

スチュアート カウフマン (著), Stuart Kauffman (原著), 米沢 富美子 (翻訳)

自己組織化と進化の論理―宇宙を貫く複雑系の法則

生命、生態系を貫く法則には、ダーウィンの自然選択(淘汰)の法則以外に、自己組織化という重要な法則があると提唱する。自己組織化のコンセプトは、組織のダイナミズムを考える際に有益な視点を提供してくれます。 散逸構造理論のイリヤ・プリゴジン著「混沌からの秩序」等とともに抑えておきたい。ただし難解なので、複雑系を一番手っ取り早く知りたい人は、田坂広志著「まず、世界観を変えよ」「複雑系の経営(廃刊だが中古あり」あたりから入るのが良いかも。

まず世界観を変えよ

田坂 広志 (著)

まず世界観を変えよ

直線的な分析思考からシステミックな思考へ、 機会論的な組織観から生命論的な組織観へ、 21世紀の企業、市場、社会を捉える視点を平易に語っている本です。

社会的責任のマーケティング

フィリップ・コトラー (著), ナンシー・リー (著), 恩藏 直人 (監訳), 早稲田大学大学院 恩藏研究室 (翻訳)

社会的責任のマーケティング

CSRが世の中で適切に広まるために、NPOと企業人が協同するための視点

誰が社会を変えるのか

フランシス ウェスリー (著), ブレンダ ツィンマーマン (著), マイケル クイン パットン (著), エリック ヤング (著), 東出 顕子 (翻訳)

誰が社会を変えるのか

社会起業家は、企業よりも圧倒的に少ない資源しか無い中で、どのようにして大きな変革を起こすのか。 彼らのリーダーシップは組織変革を模索する企業人にとってもヒントが多いし、何よりもこの世界をよりよくしていく役割についても自分の視野を広げ勇気をくれると思います。

新ネットワーク思考(限界を超えて)

アルバート・ラズロ・バラバシ (著), 青木 薫 (翻訳)

新ネットワーク思考(限界を超えて)

科学界全般に共通するネットワークの法則は、社会的ネットワーク、企業内ネットワーク、細胞内ネットワークにもあてはまることを証明。複雑系、システム思考的なものの見方に興味がある人にお勧め

お気軽にお問い合わせください。

info@balancedgrowth.co.jp

上へ戻る

バランスト・グロース | 東京都中央区銀座1-20-17 押谷ビル9F